2017年09月6日 登山大会 
書いた人:現役部員

 

dsc_2224

2017年6月3日(土)から4日(日)にかけて、北高尾山稜にて第62回 東京都高等学校 総合体育大会 登山競技 が行われました。今年度は、男子が2チーム、女子が1チームそして、オープンの計4チームで出場しました。ちなみに女子チームの出場は、山岳部史上初のことです!

全ての審査項目を点数化して、最も順位の高かったチームがインターハイへの出場権を与えられ、2~7位(女子は3位まで)のチームは関東大会への出場が与えられます。早実男子A隊は、4位、3位、2位と年々順位を上げてきたので今年は期待が高まります。

初日、まずは筆記テスト(天気図・救急・読図)、計画書審査、幕営技術審査が行われます。

dsc_2213

幕営審査中にテントを張る選手です。

初日は以上で審査が終わります。翌日の体力審査へ向けて20時に就寝します。

2日目は3時に起き4時から予備計量、4時半から本計量を行います。なぜ、このようなことを行うのかというと、チームごとに男子は45キロ、女子は30キロの重量制限があり、それを切ると大きく減点されてしまうからです。本計量を終わらせ、本部から注意事項の説明が終わるといよいよスタート地点へ移動します。ちなみに、説明終了後に選手が一斉に数個しかない簡易トイレに向かっていく様子は見ていて非常に面白いです。(笑)

これで、少し緊張が和らぎました。さて、スタート地点で少し待機していよいよスタートです。コースは日影~小下沢林道~狐塚峠~杉の丸~黒ドッケ~大嵐山~関場峠~堂所山です。大嵐山で一度休憩した以外は特に大きな休憩もせず1時間40分を切る好タイムでゴールしました。ここで30分の休憩を挟み、装備審査を受けます。そして、景信山~小仏峠~小仏城山~ゴールというコースを下ります。ここでは、読図審査と記録・観察審査が行われます。そして、無事ゴールして結果を待ちます。

dsc_2219

スタート地点での男子A隊の選手たちです。

そして、運命の結果発表です。結果はいかに…

な、なんと男子A隊が1位になり39年振りにインターハイ出場を決めました。女子は初出場ながら2位になり、関東大会出場権を獲得、男子B隊はケガのせいもあり、惜しくも8位でしたが、体力点以外の技術点がとても高かったので素晴らしいと思います。

dsc_2226dsc_2229

表彰される男子A隊と女子隊の選手です。

dsc_2235

男子A隊が獲得したトロフィーです。

大会は、普段の山行と異なり負荷を加えて走るという動作が加わるので悪夢の1時間40分でしたが、非常に達成感がありました。先輩方最後の大会だったので、1位になれて本当に良かったです。

来年も良い順位が取れるよう、頑張りたいと思います。

文責 (高1鈴木)