2019年06月27日 月例山行 
書いた人:Take

 

%e9%99%a3%e5%a0%b4%ef%bc%91

今回の山行は、新学期が始まったばかりの4月21日に行いました。当初の予定では、新入生歓迎山行として日影バス停から登り、作業小屋・堂所山・景信山などを経て小仏バス停に降りる予定でしたが、新入生が中1高1共に参加しなかったため、北高尾山稜の陣馬山・堂所山・景信山という順にに登る事になりました。

今回は、陣馬高原下バス停→和田峠→陣馬山→明王峠→底沢峠→堂所山→景信山→小仏峠→小仏城山→相模湖駅 というルートでした。

この日は7:30に国分寺駅集合。高尾駅からバスで陣馬高原下バス停までいきました。バス停では晴れており、清々しい気候でしたが登り始めるにつれ汗ばむぐらい暑くなってきました。そんな中でも都大会に出場する可能性のある先輩方は、トレーニングという事で重いザックを背負って登りました。

%e9%99%a3%e5%a0%b4%ef%bc%91

陣馬山の山頂から一枚。陣馬山は八王子市と神奈川県相模原市緑区にまたがる標高854.8mの山で頂上が広く平坦なため陣馬高原とも呼ばれています。山頂には白馬の像があり、富士山を眺めることが出来ました。陣馬山から明王峠までは40分ほどかけて歩き、そこから堂所山までは、アップダウンを繰り返しながら30分ほど登山道を歩きました。堂所山は標高731.0mの山ですが、実際には山頂を通らずその下の道を通りました。そこから景信山までの道のりは、ひたすら歩くだけ。

%e9%99%a3%e5%a0%b4%ef%bc%92

景信山の山頂から一枚。景信山は標高727.1mの山で、山頂には、茶屋やトイレなどあります。山頂で一本休憩を取り、小仏峠を経て小仏城山へ、そしてそこからJR相模湖駅に降りました。相模湖駅までの道のり(国道20号)は登山道を降りてからが長く、舗装された道路は日差しを遮るものがなかったため、とても暑く 厳しい道のりでした。しかし無事に相模湖駅に到着。新入生は来なかったものの、実りある山行になりました。

%e9%99%a3%e5%a0%b4%ef%bc%93

最後までお読みいただきありがとうございます。

文責:中2 榎戸