2019年02月2日 月例山行 
書いた人:M.kita

 

10月の山行は、南大菩薩の滝子山南稜に行きました。7時に国分寺駅に集合して、笹子駅に向かいました。雨が降り続いていたので、駅からは南稜の取り付きまで車道をたどり、そこから登山を開始しました。今回は中高全員が同じ隊となって、登る事になりました。

登りの途中で雨も上がり、岩場ではブロッケン現象も見ることも出来ました。滝子山の頂上付近にはいくつかのピークが続くため、数回にわたるアップダウンがあり、足への負担が大きくなってしまいました。頂上には予定時刻より遅れて着く事になりました。また、周りが曇っておりあまり良い景色を見ることができませんでした。

下山は、周りが暗くならないうちに下る必要があったため、比較的速い速度で下りる事となりました。ただ川沿いの斜面では泥濘がひどく、滑りそうになる部員もいました。秋の山の日暮れは早く、車道に出るとヘッドランプが必要になったのですが、取り出すのに時間がかかったり、持ってきていない人もいたので、これからの山行ではしっかり荷物の準備、整理をして行かなければならないと思いました。また、前の人となるべく間が開かないようにし、焦る必要がないように登山しなければならないと思いました。これらのことに注意しながら、これからの山行をより良いものにして行こうと思います。滝子山

(文責:高1 池田)